ホワイトデーのお返しで人気なキャンディの意味は?人気のブランドは?


 

 

愛する人にチョコレートをプレゼント”の

キャッチフレーズで業界に定着した

バレンタインデーに対応して、全国飴菓子業協同組合が

ホワイトデー(3月14日)はキャンデーの日」と

決定したのが1978(昭和53)年6月のことでした。

 

そして、80年3月には全飴協・関東部会が第1回の

ホワイトデー“愛にこたえるホワイトデー”を実施し、

現在にいたっています。

 

現在はお返しのお菓子として色々なものが

贈られていますが、菓子によって色々な意味が

込められていることはご存知でしょうか。

 

実は意味として最も良い意味なのは、

キャンディのお返しなんです。キャンディには

あなたのことが好きです。

 

という意味が込められています。

 

理由は、甘い味が長く続くことから、長く一緒に

付き合っていこうという意味が込められて

いるようです。

 

義理チョコをあげた相手からキャンディの

お返しをもらったら、もしかしたら深い

意味があったりするのかもしれませんね。

 

 

しかしキャンディの定番と言えば、スーパーや

コンビニで売っている袋入りの安価なものだと

思いますが、正直お返しとしてはちょっと

ガッカリしてしまうかもしれません。

 

そこで女性がもらって喜びそうな、

お返しにピッタリの可愛くてお洒落な

キャンディを紹介したいと思います。

 

 

パパブブレ

 

パパブブレは、スペインのバルセロナに

本店を持つ職人が作るアートキャンディ専門店です。

 

20070601-papabubble

 

カラフルなキャンディの中に、小さな文字や

ハートマーク、果物の断面のデザインされた、

いわゆる金太郎飴のデザインです。

 

ロリポップタイプのものもあり、ケースや

パッケージも可愛らしく、もちろん味も

美味しいです。喜ばれること間違いなしですね。

 

 

カベンディッシュ&ハーベイ

 

1977年、ハンブルグに生まれた

カベンディッシュ&ハーベ

 

k640747440

 

カラフルなパッケージに入ったキャンディーは、自然な

風味を生かし、一粒一粒洗練された個性的な

味わいで人々を魅了。世界中から「C&H」の

愛称で親しまれています。可愛い缶に入っており

高級感も満載です。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ