保育園のひな祭りで行う定番ゲームやおやつとは?ひな祭りの由来は?


 

桃の節句とも言われるひな祭りは、

女の子の幸せや成長を祝う行事です。

 

ひな祭りはいつごろから始まったのかは、

歴史的には判然としていませんが、

平安時代に古代中国から伝わって

来たと言われています。

 

古代中国では3月3日に手足を

洗い身を清め、災いから逃れる

という行事がありました

 

それが平安時代の日本に伝わって、

人形に災いを託して川に流す

「流しひな」になったと言われています。

 

 また、平安時代の京都で着せ替え

人形で遊ぶ「ひいな遊び」が流行り、

流しひな」と「ひいな遊び」が

一緒になり、今のひな祭りになったと

されています。

 

保育園の園児にも、こんな由来をふまえて、

幸せになりますように」とか

悪いことが起きませんように」とか

子供が健康でスクスク育ちますように

という思いを込めて、ひな祭りを

するようになったことを教えると

よいでしょう。

 

保育園で出るひな祭りのおやつとは

 

<菱餅>

赤、白、緑の三色の餅を

ひし形に切って重ねたもの。

 

ダウンロード (1)

 

赤は、厄を祓います。白は、子孫繁栄 

長寿を願います。緑は、健やかな

成長を願います。

 

<ひなあられ>

もち米を炒ったお菓子。

 

むかしは 雛人形を山や海へ連れて行き、

春の景色を楽しむ風習があったそうです。

 

illustrain01-hinaarare01

 

このときひなあられを一緒に

持って行ったそうです。

 

ひなあられの色も 菱餅と同様の意味が

あるそうです

 

<甘酒>

もともとは 桃の花を酒にひたした

桃花酒」を飲む風習があり、子供にも

飲めるものをということで 甘酒をのむように

なったそうです。

 

illustrain01-amazake

 

ご飯やお粥に米麹を混ぜて一昼夜55度前後で

保温し、デンプンから甘い糖分を

引き出したものです。

 

甘酒はアルコール1%未満なので

お子様でもOKです。

 

 

ひな祭りに保育園で行うゲーム

 

<お友だち集めゲームのひなまつりバージョン>

 

「三人官女」のカードが出たらお友だちが

3人集まって座り、「五人囃子」が出たら

5人集まって座り・・・というゲームです。

 

「二人(お内裏様とお雛様)」が出た時は男の子と

女の子で2人ペアを作るという特別ルールもあり

とっても盛り上がります。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ