雛人形の手作りの仕方をご紹介!フェルトや粘土、折り紙を使った作り方!


フェルトで雛人形のつくり方

20110131_882054

<材料>

・羊毛フェルト
 (白を2つ、黒、茶、赤、ピンク、黄色、オレンジ、水色、青を1つずつ) 

・ニードル(先にギザギザがついて、針のようにとんがった棒)

・スポンジ  

・千枚通し  

・目の形  

・先のとがったハサミ  

・手芸用ボンド

 

<作り方>

①白いフェルトを少し除いて、残り全部を使って、
 きつく巻きます。巻き終わりは、ほどけないように、
 ニードルで刺します。

②ニードルでチクチクと全体を刺して、
 硬くしていきます。まっすぐに深く刺します。

③ある程度の硬さになったら、上から、
 薄く白のフェルトを重ねます。

 またチクチクして、表面をキレイに
 整えます。(胴体完成)

④黄色の羊毛フェルトを、細くちぎります。

⑤正面を決めたら、真ん中あたりで、
 着物を着るように前で重ねます。

 位置が決まったら、最後を留めるように
 ニードルで刺します。

同じ方法でピンクも重ねます

⑦赤の羊毛フェルトを重ねていきますが、
 黄色やピンクよりも、幅を広く取ります。

⑧置いたときに立つように、下の部分を
 平らにします。

⑨黒のフェルトで、おでこが山になるように、
 引っ張りながら巻いていきます。

 髪の毛を上へ伸ばしたり、いらない部分は
 切ったり、全体が黒くなるように、チクチクと
 刺していきます。

⑩オレンジのフェルトで、頭に飾る平額(ひらびたい)と、
 扇子の檜扇(ひおうぎ)を付けていきます。

⑪目と口をつけます。*男雛もほとんど同じですが、
 着物の色と髪型と小物が変わります。

 

紙粘土で雛人形のつくり方

<材料>

紙粘土500g  
千代紙(1/4の大きさ2種2枚)  
折り紙(1/4の大きさ2種2枚) 

画用紙(人形の装飾や小物用) 
絵の具  
ボンド

large-52391d94ed351

<作り方>

①紙粘土を玉子形に2つ丸め乾かす。

②①の紙粘土に絵の具でペイントをする。
 頭の部分、顔の部分、体の部分に分けて
 色を塗る。1色ずつ乾いてから順番に塗る。

③乾くまでの間に、せんすやしゃく、かんむり、
 えぼしなどの小物を画用紙などで作る。

④全部が乾いたら、絵の具で顔を描く。

④が乾いたら③で作った装飾品を
 のりで貼り付ける。

⑥千代紙と折り紙を貼り合せたものを2つ作り、
 ⑤でできた人形を置く。

折り紙で雛人形のつくり方

 <作り方> 

①折り紙の1/3のところを下から折る。

②折り紙の1/3のところを右から折る。

③重なったところが下になるように向きを変えて、
 平らになるように後ろに折る。

④重なりのない白のところに顔を描く。

コメントを残す

このページの先頭へ