雛人形を処分する際の注意点や、処分方法をご紹介!時期は?処分の仕方は?


雛人形を処分する方法

 

お寺や神社で供養する

 

もっともいいのは、供養をかねてお寺や神社で

処分してもらう方法です。

 

お寺や神社では人形供養を行ってくれるところが

各地にあり、郵送で受け付けてくれます。

 

 

 

寄付、リサイクルする

 

雛人形や五月人形などは、意外といろいろな

場所で求められているものです。

 

日本ではあまり習慣がありませんが、寄付する

という方法も有効なのです。

 

雛人形が欲しい方と寄付したい方を

仲介してくれる企業にお願いするとよいでしょう。

 

リサイクルすることでワクチン募金企業もあり、

めぐまれない子供の役に立つことができます。

 

 

オークションに出品する

 

意外かもしれませんが、雛人形はさかんに

オークションに出品されています

 

不要になった人形はもちろん、希少価値の

高い人形まで出品されています。

 

 

雛人形を処分する時期

 

雛人形を処分する時期はそれぞれの家庭の事情で

いろいろだと思いますが、子供が成人して家を

出て独立し、お雛様の子供を守るという役目が

終わったなーと思う頃に処分する人も多いようです。

あとは、引越しや家の建て替えとか節目の時です。

 

雛人形の処分の仕方

 

雛人形や五月人形など、その他の思い出のある

人形たちは、人形供養、人形処分の方法として

一番良いのは、全国各地の寺社へ人形処分を

お願いすることです。 

 

例えば、東京の場合だと、明治神宮が毎年10月に

人形感謝祭を行っています。

 

明治神宮の人形感謝祭は当日のみ受付で、

初穂料は確か3,000円で人形供養、人形処分を

受け付けてくれています。

 

また、人形の町岩槻でも人形供養祭があって、

雛人形やぬいぐるみなどの供養をしてくれる

ようです。

 

人形は特に、顔がついているものですから、

「普通にゴミとして捨てるのはなかなか捨てにくい」、

という方は多いです。

 

近くの人形店で人形供養の方法について

質問すると、どこそこで人形感謝祭、人形処分を

しているよ、と教えてくれると思います

 

人形処分、人形供養をしたいけれど、

なにぶん家が遠方で寺社に人形を持っていくのが

ちょっと大変でというご家庭もあると思います。

 

その場合には、郵送で人形処分を受け付けて

くれている寺社もありますから、ぜひ調べて

みてください。

 

郵便などで人形供養を受け付けているお寺など、

意外とたくさん出てきます。

 

コメントを残す

このページの先頭へ