登山の防寒対策!注意点やトレッキングの基本まとめ!


紅葉のシーズンも終わり、厳しい冬
季節がやってきました。

トレッキングをする上で天候や、
気温などにより防寒対策が異なってきます。

また、冬は寒いだけではなく日没時間も
早いため、スケジューリングも重要な
要素になってきます。

防寒対策も含めて秋冬のトレッキングの
基本を解説させていただきます。

重ね着の基本

トレッキングウェアの重ね着の基本は
肌着→シャツ→上着→ジャンバーとなります。

開始前は、寒いですが、歩いていくうちに
ドンドン熱くなってきます。

その為、吸汗性が高い肌着を着ることと
体温や気温に合わせて着たり脱いだり出来るように
上手に調整できるようなウェアを選ぶ事が
重要になってきます。

専門店にはウェアーを始め、アイテムが
充実しています。
使用方法や選び方も含めて店員さんのアドバイスに
従って購入されることをお勧めします。

タイトな服は避ける

重ね着をする上で、サイズがタイトすぎると
動きにくい上に、締めつけがキツイと
血流が悪くなり、逆効果になってしまう
可能性があります。

朝から長時間動き回るので、注意して
選びましょう。

トレッキングのルールと安全対策

秋冬の登山で重要になってくるのは
スケジューリングです。

特に冬は、日没の時刻が早いので
早めに下山が出来るようにスケジュール
組みましょう!

また、日没が迫ってきたら、周りが
まだ明る段階でも、安全のためにヘッドランプ
使用して安全を確保してください。

ライトを付ける事によって
すれ違う相手にも存在を認識して
もらえます。
また、足元が悪いので足をくじいてしまう
危険性があります。

リスクを最小限にするためにも
ヘッドライトを早めに使用するように
心がけましょう。

まとめ

秋冬のトレッキングにおいては防寒対策と
スケジュールの管理が非常に重要になります。

特に冬は晴天が長続きしない傾向に
有りますので、天気が崩れてきたら
安全のために早めに切り返して下山する様に
して下さい。

最も重要なのがリスクを回避することです。

トレッキングには様々なリスクが伴いますが
冬のシーズンになるとより顕著に現れます。

怪我をしてしまうと元も子もありません。

急激な気温低下、日没、天候の変化など
危険を感じたら、登頂は諦めて
直ぐに下山するようにしてください!

関連記事

防寒対策まとめ
しもやけ対策
防寒対策におススメのインナー
部屋の防寒対策
自転車に乗る方の防寒対策
作業着の防寒対策
登山の防寒対策
釣りの防寒対策
重ね着の仕方
ヒートテックについて

“登山の防寒対策!注意点やトレッキングの基本まとめ!” への1件のフィードバック

  1. ryu830929 より:

    登山の防寒対策!

コメントを残す

このページの先頭へ