折り紙で簡単!鬼の折り方をご紹介!


お正月が終わると、次は節分のイベントですね。

幼稚園や学校など様々なところでイベントが
開催されているのではないでしょうか。

鬼のお面を作るのも楽しいと思いますが、
今回は折り紙で作れる鬼の作り方を紹介したいと思います。

色々な折り方があると思いますが、幼稚園や保育園のお子様でも
折れるような簡単な折り方を紹介したいと思います。

是非節分にお子様とご一緒に折ってみられてはいかがでしょうか

鬼の折り方

①まず折り紙を三角に折ります。
②大体3分の1ぐらい、三角の両辺を中央に向かっております。
 大体でOKです。
③折った部分を両端に合わせて上に折ります。

 ここは、角になる部分です。
④その次は一旦ひっくり返して顔の正面に向けます。
⑤下の三角の部分を上に折りあげます。

 ここが、顎になる部分です。
⑥顎の三角の部分を一枚下に下ろしていきます。

 上の部分をはさみで半分に切って下さい。
⑦切った部分を少しだけ斜めに折りなおして牙にします。
⑧下の三角を半分ぐらい上に折ります。
⑨もう1回上に折り返して顔が完成します。
⑩お好みのお顔を書けば出来上がりです。

 

上手に折るためのコツ

折り方のコツとしては、角や牙がしっかりとがった三角に
なることです。

角は一番最初に三角に折ったときに決まりますね。

角がとがっていないと鬼の迫力が半減してしまうかもしれませんので。

そして、一番難しいのはお顔のお絵かきだと思います。

角や牙がひきたつような迫力あるお顔をかいてくださいね。

最後に

鬼の折り方のご説明は以上となります。

非常に簡単ですので、小さいお子さんでも
簡単に作ることができます。
文字だけでは伝わりきれない部分があると思いましたので

差し込んだ動画を見ながら作って見てください。

 

お子さんと楽しく折り紙をおってみては如何でしょうか!

コメントを残す

このページの先頭へ