部屋の防寒対策!床は?窓は?


今年も、冬の季節がやって参りました。

本日は、お部屋の防寒対策について
ご説明させていただきます。

防寒対策をすることによって
暖房の効率も非常に上がりますので
省エネ効果にも繋がりますので
必見です!!

窓の対策

プチプチを窓に貼ると効果的です。

注意しないといけないポイントとしては
平らな方ではなく、プチプチの方を窓に
貼るというところです。

平らな方を窓に向けてはると、空気の層は
プチプチの方だけになってしまいます。

逆にプチプチの方を窓に向ければ
プチプチの所に空気層が出来るだけではなく
その周りも空気の層が出来ます。

当然ですが、2枚重ねると、より断熱効果は
大きくなります。

プチプチは、ホームセンター等で安く
購入できますので、オススメです。

床の対策

カーペットを床に引く場合は、
その間にダンボールを入れると効果的です。

何故、ダンボールかというと、
ダンボールは一枚紙ではなく
間に空気が入る空間が有りますので
そこに空気の層ができるため、
断熱効果が非常に高くなります。

加えて、ダンボールと、カーペットの間に
アルミシートを敷くと絶大な効果
望めます。

隙間を塞ぐ

窓のサッシやドアなど家の経年変化によって
隙間が発生する可能性があります。

外から隙間風が入ってきますので
防水ソフトテープやモヘアタイプの
シール材で塞ぐようにしましょう!

防寒の対策の基本は、部屋の中の
暖気を外に逃がさない事と、
外の換気を部屋の中に入れないという
事です。

隙間があると両方が損なわれてしまいますので
防寒対策の中では最も重要な
ポイントになります。

ただ、一つ注意点としては、あまり
密閉しすぎると、一酸化炭素中毒のリスクが
上がってしまうという所です。

隙間を密閉してなければ換気は
しなくても、風が流れるので
死亡するリスクはゼロに近いです。

しかし、シール材で密閉するなど
した場合は要注意です。

暖房を使用する際や、料理でガスを使う際は
換気扇を使ったり、窓を開けたりと
こまめな換気を心がけてください

まとめ

お家での防寒対策の基本は
外からの寒気をなかに入れない事と
家の中の暖気を外に出さないと
言うところです。

最も効果が高いのがサッシやドアの
隙間を塞ぐ事です。

隙間が空いていると外から風が
入って来ますので、ココを塞ぐことが
第一となります。

そして、その次が窓や床の断熱
するという事です。

窓ガラスは薄いですので冷気が
入ってきやすいですし、床は足が直接
触れるところですので、特に防寒対策を
するべきポイントとなります。

今回、ご紹介させて頂いたのは
お金を掛けない方法ですので是非とも
実践してみてください!

関連記事

防寒対策まとめ
しもやけ対策
防寒対策におススメのインナー
部屋の防寒対策
自転車に乗る方の防寒対策
作業着の防寒対策
登山の防寒対策
釣りの防寒対策
重ね着の仕方
ヒートテックについて

“部屋の防寒対策!床は?窓は?” への1件のフィードバック

  1. ryu830929 より:

    おうちの防寒対策

コメントを残す

このページの先頭へ