除雪機の種類は?業務用は?家庭用は?耐用年数は?


これから雪の季節が今年もやってきますが、
特に北国の人からすると、「除雪」は非常に
骨の折れる仕事ということになると思います。

雪国の方からすると、雪は自然災害
言っても過言ではないと思います。

雪かきは、かなりの重労働になりますので
除雪機は必需品となります。

家庭用の除雪機の機能

除雪機の種類はいろいろありますが、まずは
その「分類の仕方」から考えていくほうが、
製品を分類しやすいといえます。

というのも、やはり除雪機の場合、かなり大きな
買い物になりますので、「家庭用除雪機」と
「それ以外」とに分けてから、さらに種類を
細分化して選んでいくという方法が、一番
間違いがないという気がします。

もちろん、一般家庭でご利用になるのであれば、
「家庭用除雪機」を選んでいただくのがベターであると
いえるでしょう。ただし、家庭用除雪機の場合、
積雪が30cm程度までしか対応していない製品が多いです。

業務用の除雪機の特徴

 

ダウンロード (4)

業務用除雪機となると、家庭用にくらべて種類は
グッと多くなりますが、お値段も当然グッと
高くなります。まあ業務で使用するわけですから、
こればかりは仕方がないでしょう。

業務用の除雪機がどんなところで
使われるかというと、業務用でも比較的
小さいものであれば、たとえば郵便局やコンビニ、
ファストフード店、小型スーパーなどです。

大きいものになると、大型スーパーやデパート、
さらにはイベント会場などで重宝されることになります。

業務用は投雪タイプの除雪機が多く使われています。

除雪機を販売しているメーカー

家庭用除雪機のメーカーとしては、
除雪機ともなると、家庭用とはいえ、発動機が
大きいタイプのものがどうしても多くなることから、
たとえば「本田技研」や「ヤマハ発動機」、さらには、
「トラクター」で有名な「ヤンマー」などが有名になります。

最近は中国の格安除雪機が発売されていますが
故障の多さや、サポートが不十分であるため
あまりお勧めできません。

近年で最も売れている除雪機は、本田技研から
発売された、投雪タイプと雪かきタイプの
両方を併せ持つハイブリットタイプの除雪機です。

各メーカーで個性のある除雪機が発売されているので
しようを見比べて購入してみてください!

除雪機の耐用年数

除雪機の耐用年数は、「短ければ4年、長ければ10年程度」と
言われています。なんじゃそりゃ・・・と
思う人もいると思いますが、この「6年」もの耐用年数の
差が生じるのにはワケがあるのです。

もちろん、機械によって耐用年数が異なると
いうことも考えられますが、それ以上に
使用用途」によって耐用年数が大きく
変わってくるのです。同じ機械でも、雪深い
土地とそうでない土地とでは、耐用年数が
大きく異なります。

“除雪機の種類は?業務用は?家庭用は?耐用年数は?” への1件のフィードバック

  1. ryu830929 より:

    雪国で必需品の除雪機について解説

コメントを残す

このページの先頭へ