大掃除の仕方!手順やコツまで!水周りは?油汚れの取り方は?


title_ashi

大掃除をする前にかならず知っておきたい2つの
ポイントがあります。

<奥から手前へ>

効率を重視するなら、「奥から手前へ」の順に
掃除するのがポイントです。

ここで「奥」というのは、玄関から一番遠いところ
という意味になります。

たとえば、ダイニングが玄関から一番遠い部屋だとしたら、
そこから掃除するのが正しいやり方です。

なぜ「奥」からやるかというと、最後に溜まったホコリを
全て玄関から掃きだすためです。

奥からだんだんと玄関までホコリを移動させていくという
イメージをしたらわかりやすいと思います。

もし奥からではなく手前から掃除をすると、
奥にあるホコリを掃きだすために、いちいち玄関まで
ホコリを掃き出しに行かなければいけません。
これでは効率が悪くなってしまいます。

なので、効率を重視するなら「奥から手前へ」
というのがポイントになります。

<上から下へ>

これは大掃除に限らず、掃除の基本ですが、
ホコリは上から下へ落ちてくるので、
せっかく床をきれいにしても、天井を掃除して
ホコリが落ちてきては意味がありません。

天井からスタートして電球→家具→ドアノブ→床
というふうに上から下へと掃除していくと
よいと思います。

2階のある家だったら、2階の奥の部屋の
天井から掃除しましょう。

水周り掃除のコツ

シンク、洗面台、水栓金具、浴槽や浴室鏡、
トイレの手洗いボウルなど水周りには、
水の中のミネラル分が固まった水垢がつきやすいものです。

ふだんから水はねをこまめに拭き取ることで
予防できますが、ついてしまった水垢は、
レモン汁やクエン酸で取ることができます。

クレンザーなどで磨いて落とすのと違い、
溶かして落とすので、傷つける心配がありません。

レモン汁(瓶詰めのものでかまいません)か、
水に濃く溶かしたクエン酸の溶液を、ティッシュや
使い捨て布にたっぷり浸して、 水垢の上から
湿布のように貼りつけます。

1時間ぐらい置くと、水垢が溶けて柔らかく
なってくるので、スポンジなどでこすり落とすことが
できます。

最後に、酸が残らないように、洗い流すか、
水で絞った雑巾で何回か清拭きします。

ただし、ステンレス、ホーロー、陶器、タイル、
ガラス素材に使用できますが、大理石やセメントは
酸に弱いので、使用できません。

浴槽や洗面台、システムキッチンには人造大理石が
使われている場合もありますので、注意が必要です。

換気扇の掃除の仕方

油汚れでベタベタの換気扇で年を越すのは嫌なものですが、
油汚れのおそうじは温度と時間がポイントになります。

まず大切なのは、「お湯を使う」という事です。

油汚れは温度に弱いのでお湯で絞ったタオルを使って
温かいうちに拭き取ることで格段に取れやすくなります。

また、ほとんどの洗剤は汚れと反応するのに一定の
時間が掛かります。

だから洗剤を塗布して、一定時間洗剤がしっかり
仕事をして反応するまで待った方が結果的に時間短縮になります。

目安として拭き掃除の時で最低1分、つけ置きの時は最低10分です。

“大掃除の仕方!手順やコツまで!水周りは?油汚れの取り方は?” への1件のフィードバック

  1. ryu830929 より:

    賢い大掃除の仕方!

コメントを残す

このページの先頭へ