就活 服装の注意点!男性は?女性は?


fukuso_img

男性のスーツ・靴・カバンの注意点

<スーツ>
就職活動と言えば、リクルートスーツが基本である。

ポイントは、入社後を視野に入れること・面接に
相応しいこと・自分が映えることです。

最近は、企業によって「私服でも可」「普段着でお越しください」と
呼びかけている企業も多くなっている。

「服装自由」と指示された場合、「クールビズ」
「ウォームビズ」がふさわしい。リクルートスーツでは
見出しにくい「君」を知るために「服装自由」と
するのであるから、服装を通して「貴社の職場をイメージした」
ことをアピールするべきであり、決して君の自由を
押し付けるだけでは自己PRにならないのです。

 

<靴>

就職活動中はかなり歩き回ります。サイズの合わない
靴や底の薄いものでは、靴擦れや疲れの原因です。

合成皮革のものは値段が安いのですが、丈夫とは
言えません。

面接が多いと、最後まで持たないかもしれません。

また、すぐにしわが寄るので、手入れの悪い印象に
なります。

男性の場合、茶色の靴はマナー違反です。

できれば黒色の紐で結ぶ革靴です。ローファーをはいて
面接に来る人も多いようですが、カジュアルすぎるかも
しれません。
<カバン>
就活カバンは就活用として買う必要はありません。

ただでさえカバンは比較的高価なものですから、就活後も
実際に使うことをイメージして選ぶとよいでしょう。

皮製が基本になりますが、ナイロン製でも特に問題は
ありません。

ただし、ナイロン製であまりに安っぽく見えるような
ものは避けた方が無難です。

色は、「黒」か「茶」が基本ですが、90%以上が「黒」と
なっています。

カバンで個性を演出したりということは考える必要が
ありませんので、色にこだわらないという人は「黒」を
入手するようにしましょう。

企業から配布される資料などはA版が一般的ですので、
少なくてもA4大の用紙が入るサイズのカバンを
準備しましょう。

 

女性のスーツ・靴・カバンの注意点

 

<スーツ>

色⇒無地の黒にしましょう。

ボタン⇒2つボタンと3つボタンがありますが、
どちらでもかまいません。女性はボタンはすべて
しめるようにしてください。

サイズ⇒体に合ったものにしましょう。できれば
スリムフィッティングな感じが望ましいです。

たまに女子学生でゆったりめのスーツを着ている
就活生を見かけますが、子供っぽく見えてしまいます。

一方で男性との違いとしてはタイトすぎてもいけません。

襟元⇒Vゾーンは広すぎず狭すぎずと言われますが、
ブラウスのカラーがスキッパーの場合は広いほうが
バランスよく見えます。

スカートかパンツかで迷うかもしれませんが、パンツは
キャリアっぽさというか、なんとなくプロっぽさが
感じられます。

新卒で元気にフレッシュな印象を与えるにはスカートの方が
いいでしょう。丈はヒザくらいがいいでしょう。
<靴>

フラットシューズは面接向きではありません。

3センチから7センチほどヒールのあるタイプが
最適です。色は紺か黒で、できるだけ飾りのない物を
選びます。
<カバン>
ポイントは、上記の男性と同様ですが、ハンドバックではなく
「カバン」を選ぶようにします。

茶色を選ぶ場合、明るい茶色は避けた方が無難です。

コメントを残す

このページの先頭へ