バレンタインの由来は?起源は?


 

バレンタインの起源はなんと3世紀までに

さかのぼります。

 

当時、ローマでは2月15日に「ルペルカリア祭」

という祭日が存在していました。

 

これは男女の愛うんぬんの祭日ではなく、

豊作を祈願していたものです。

 

 

ルペルカリア祭の前日(2月14日)に、

若い娘たちが自分の名前を書いた札を桶に入れ、

その翌日に男性陣が桶から札をひき、

そこに書かれている名前の女性と祭りを

過ごすという風習がありました。

 

 

そして、そのまま男女は婚姻関係を

結ぶカップルも多かったようです。

 

 

現代からすればくじ引きで結婚相手を

決めるようなもの!? 

 

 

時代ごとに、いろいろな恋愛模様が

あったのです。

 

 

ところが、当時のローマ帝王である

クラウディウス2世は「兵士が戦争に

行きたがらなくなる! 士気が下がる!」

ということで、兵士の結婚自体を

禁止にしてしまったのです! 

 

 

そこへ、若者を不憫に思って立ち上がった

人物が。

 

キリスト教司祭である聖ヴァレンティヌス

(英語読みでバレンタイン)です。

 

img1

 

彼はローマ帝王の命令に背き、兵士と

その恋人をかくまいつつ、こっそり

婚姻関係を結ばせていたのです。

 

 

しかし、こういったヴァレンティヌスの

動きはやがて帝王の知るところとなり、

また当時のローマはキリスト教を異端の

宗教として迫害していたこともあり、

269年2月14日に彼はルペルカリア祭の

生贄として処刑されてしまいました。

 

 

その後、キリスト教徒の間でヴァレンティヌスは

聖人として列せられるようになり、

2月14日は恋人たちの日、バレンタインデーと

なったのです。

 

 

 

バレンタインの由来

 

 

ヴァレンチノ司祭の勇気ある行動に感動し、

「聖バレンタイン」と、恋人の守護神として

まつるようになりました。

 

 

 

ヴァレンチノ司祭が処刑された日を

「聖バレンタインデー」と呼ぶように

なったのはこれに由来しています。

 

 

 

バレンタインのこの日から小烏が交尾を

はじめると伝えられ、恋人たちの間に

ハート形をしたプレゼントや、

キューピットなどの絵を描いたラブレターを

贈る習慣があります。

 

 

 

やぶれた恋も、聖バレンタインに祈れば、

もとに戻るとも伝えられ、この日は女性から

男性に愛の告白をしても許されることに

なっています。  

 

 

 

チョコレートの由来は?

 

もともとはキリスト教徒の間でギフトや

カードを送る日であったバレンタイン。

 

 

日本ではなぜかチョコレートを贈る日に

なっています。

 

 

この背景には、1950年代に入って

広まった製菓会社やデパートなどで

実施されたキャンペーン、広告などの

影響があります。

 

 

国内で最初にバレンタインの広告を

出したのは、某菓子メーカー。

 

 

オーナーがアメリカ人新聞記者と知り合い

だったこともあり、欧米のバレンタインを

紹介されたのがきっかけだったようです。

 

 

しかし、当時はあまり定着しませんでした。

 

そして、1958年になって大手製菓会社が

デパートと協業してバレンタインキャンペーンを

行ったことで、大々的に世間に知られるように

なりました。

 

 関連記事

バレンタイン特集
バレンタインの折り紙特集!
東京でバレンタインにデートをしたいオススメのスポット
バレンタインでチョコレートに添えるメッセージカードの文例
彼氏へのバレンタインチョコに添えるメッセージカードの書き方
チョコ以外のバレンタインの贈り物
義理チョコの相場やオススメのチョコ
バレンタインの由来とチョコレートの関係
バレンタインチョコのラッピング特集!
バレンタインチョコのレシピ集!
バレンタインチョコのブランド特集!
京都のチョコブランド
横浜のチョコブランド
神戸のチョコブランド
札幌のチョコブランド
名古屋のチョコブランド
男性に人気のチョコブランド
バレンタインで女子が選ぶ人気のチョコのブランド
お菓子に込められた意味
バレンタインの手作りレシピ集
生チョコレシピ
チョコタルト、生チョコ、クッキーのつくり方
ガトーショコラのレシピ
友チョコにオススメなチョコのレシピ
ガトーショコラの簡単ラッピング方法
100均で揃うバレンタインのチョコレートのラッピング
デコレーションポッキーの作り方やラッピング方法
本命の彼に渡すプレゼントのオススメのラッピング
本命チョコのレシピとラッピング方法

コメントを残す

このページの先頭へ