節分に豆まきをする意味は?由来は?豆の種類は?


20120201153704

そろそろ節分がやってきます。

豆まきの準備や恵方巻きの具材を
そろそろ買い出しに行こうと考えて
いらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

お子さんがいらっしゃる家庭であれば
豆まきは、楽しい行事ですね。

本日は、豆まきのそもそもの由来に関して
ご説明をさせていただきます。

 

豆まきをする意味

「豆まき」の意味を調べてみると、
ほとんど例外なく「節分の日に豆をまく行為
といった趣旨のことが書かれていますが、
これはあくまでも「豆まき」ということばの意味になります。

重要なのは、その行為の意味ですね。

豆をまく意味は、「邪気を払い、福を呼び込む
という趣旨になります。

もちろん、「鬼(邪気)は外、福は内」の掛け声が、
その意味をそのまま表現していることは、みなさんも
お気づきかと思います。

 

 

 WkxfMjJfMzQxoQ

 

豆まきの由来

豆まきのルーツは、室町時代にまで
さかのぼる必要があります。

当時の考え方では、季節の変わり目
(もともとはこれを「節分」と呼んだそうです)
には邪気が入り込みやすいと考えられて
いたようで、その邪気を払うための
宮中行事のひとつに、現在の「豆まき」
にあたる「豆打ち」という行事が行われて
いたのだそうです。

これが現在の豆まきの由来ということに
なります。

まあ正直な感想を言ってしまえば、
なぜ当時、邪気払いのために「豆をまく
という発想に至ったのかというところまで
知りたい気もしますが・・・
昔は、神事にお米の次に豆を使う習慣があり
それに由来して、家の邪気を払うために
豆をまくようになったという説が有力です。

おかげで、子供と楽しい時間
過ごすことができますので良いといえば
それまでですね。

あまり派手にやりすぎると後片付けが
大変なので気をつけるようにして
下さいね。

 

豆まきに使う豆の種類

 
豆まきに用いる豆の種類は、ふつう
「煎り大豆」がつかわれます。

まあ、私たちがふつうに「大豆」と言われたときに
一番イメージされやすい「あの豆」が「煎り大豆」です。

大豆は年の数だけ食べるのがいつもの風習ですが、
その風習が始まったのが室町時代にまでさかのぼります。

なので、現在の年齢の数え方ではなく
数え年となるので少し異なります。

ちなみに、数え年だと、生まれた瞬間に1歳になります。
そして、新年が明けたら、もう一つ年を取って
2歳になります。

そうなると、現代の年の数え方からすると
1歳か2歳の差が生まれますので、注意が必要です

正直言って、煎り大豆をそのまま食べても
決しておいしいものではないという印象が
個人的にはありますが、しかし投げて鬼を追い払うということで
あれば、なるほど、これは確かに効果が高そうな
気がしないではありませんよね。

コメントを残す

このページの先頭へ