寒中見舞いの写真は?フレームは?素材は?


寒中見舞いというと、新年の挨拶であり、

しかも「年賀状の返事を出し遅れてしまった

というどこか軽い罪悪感があるというちょっと

不思議なタイミングで先方に対してアクションを

起こす挨拶です。

 

そうしたうしろめたさのような

ものを払拭するときには、「写真」が意外とそうした

気持ちをうまい具合にカムフラージュして

くれることがあります。

 

写真フレーム

 

寒中見舞いをはがきにしたためるような

場合には、「写真フレーム」をつかいたいと

考える人も、特に若い人を中心に増えて

きています。

 

 

その方法に関しては、パソコンや

プリンターなどの仕様にもよりますので、

一概にいえない部分もありますが、

寒中見舞いが年賀状の延長上にあるもので

あるというふうに考えると、年賀状と

同じようなイメージで作成するのも

悪くないと思います。

 

テンプレート

 

寒中見舞いに写真を用いる場合、

その素材選びに苦戦する人が

多いようですが、無料素材のテンプレート

ダウンロードして、自分でお気に入りの

素材を使用するという考え方でも

悪くないと思います。

 

 

ネット上にあるテンプレートであれば、

やはり完成度の高さと時間の節約には

十分威力を発揮するはずです。

 

素材

 

寒中見舞いの写真でつかわれる

素材として多いのが、やはり「家族写真」や

「ペットの写真」ということに

なるでしょうか。

 

 

実際、寒中見舞いにそうした種類の写真を

用いている人はかなり多いといえるでしょう

 

比較的手軽な素材をつかうという

方向性のほうが、失敗が少ないと

いえるのではないでしょうか。

 

贈り物

 

寒中見舞いとして贈り物をする場合には、

だいたい1月5日くらいから2月5日くらいの

間が適切であるといわれています。

 

直接訪問する場合には、手渡しで寒中見舞いの

贈り物を渡すことになります。

 

 

そのとき、表書きには「お年賀」とか「お年始」、

あるいはダイレクトに「寒中見舞い」などと

記すのが一般的であるとされています。

 

それ以外のことばは、ふつうは書きません。

関連記事

寒中見舞いの文例集
相手が喪中の場合の寒中見舞いの文例
寒中見舞いの写真
寒中見舞いを贈る時期
寒中見舞いのハガキの種類や写真について

コメントを残す

このページの先頭へ