ひな祭りの由来!お雛様は?絵本は?着物は?


 

 

ひな祭りは、3月3日に女の子が

元気いっぱいに成長をしていくようにと

願って、お雛さんを飾るようになりました。

 

日本に古くからある、伝統です。

 

昔は、女の子の行事というわけでなく、

邪気が入るやすい時期というものがあって、

邪気が入らないようにという事だった

そうなのです。

 

ひな祭りは、3世紀ごろに古代の

中国での習慣だったそうです。

 

邪気が入りやすい3月ぐらいに、

川で男女が災難が来ないようにと、

草木や紙をか川に流していたそうです。

 

 

 

雛人形の由来

 

雛人形というのは、元はけがれを

移すための身代わりに作られた

人形でした。

 

昔の雛人形は、身代わりとなる

雛人形を川に流すという事もあり、

今みたいなしっかりとした

お人形ではありませんでした。

 

木や紙で簡単に作られていた

ようなものだったのです。

 

でも、そこから変化が出てきて、

雛人形という事になったのです。

 

昔、小さい女の子の中で、

ひいなという人形遊びがありました。

 

そして、ひいなを使っておままごと

遊びをして、お供え物などをするように

なったのです。

 

そこから、雛人形となったのです。

 

ひな祭りの由来を綴った絵本

 

 

お雛さんの絵本では、本当にお雛さんに

ついて書かれているようなものがあります。

 

子供にそういった本を読んであげるのも

いい事だと思います。

 

お雛さんが、どんな風に作られたも

のなのか、お雛さんというのはどんなものなのかを

絵本で教えてあげるのもいい事だと思います。

 

どんな風にお雛さんができたものなのか、

子供に教えてあげたいものです。

 

日本の風習について、子供に話をして

あげれることは素敵だと思います。

 

 

 

着物

 

初節句には、着物を用意して

あげなくてはいけません。

 

 

やはり1度しか着ないという事も

あって、中にはレンタルを利用する方も

います。

 

 

レンタルの場合は、1万ほどで

利用ができます。

 

 

でも、購入をするとなると、1万では

済まないものなので、よく考えなくては

いけない部分です。

 

 

1度という事なら、レンタルで十分では

ないでしょうか。

 

 

元気にこれから育っていくようにと願って、

可愛い着物を着せてあげる親も多いと

思います。

 

 

着物も可愛いものが多く、つい

着せたくなってしまうものです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ