ひな祭りの初節句の料理とは!お祝いは?飾りつけは?


 

 

初節句のお祝い

 

産まれた年に、子供がはじめて

迎えるひな祭りを、初節句と言います。

 

 

女の子の初節句は、ひな祭りの

時にします。

 

 

この時に、はじめてお雛さんを

飾ってお祝いをするのです。

 

ダウンロード (1)

 

男の子の場合は、子供の日と

わかれているのです。

 

 

昔は、長男という時に大きな

お祝いをされていたそうです。

 

 

家族揃って盛大にお祝いをして

あげたいものです。

 

 

おじいちゃにゃおばあちゃんと

お祝いする家族も多いのでなは

いでしょうか。

 

 

 

初節句の定番料理

 

初節句には、盛大にお祝いをして

あげなくてはいけません。

 

そのために、初節句に合ったお

料理を出していかなくてはいけないのです。

 

 

初節句の料理と言えば、お赤飯、

たけのこ、たい、はす、まめ、と

意味が込められた料理を出すように

なっています。

 

 

お刺身やお吸い物もあったりします。

 

 

たけのこは、まっすぐに育つように

などという意味があったりするそうです。

 

 

子供の事を考えながら、一生懸命に

作ってあげたいものです。

 

 

きちんとお祝いの中にも意味が

あるものなんだと実感をしました。

 

 

飾り付けの方法

 

 

ひな祭りのパーティーをするのであれば、

やはり飾り付けも大事です。

 

飾り付けは、やはりお雛さんらしい

飾り付けがいいと思います。

 

折り紙を使って、桃の花やわっかを

作って家の中を、パティーらしく明るく

飾り付けるといいと思います。

 

飾り付けとしては、部屋だけでなく、

料理にもこだわるお母さんもいるのです。

 

コップを利用して、きれいなちらし寿司や

おかずの1品を作っているような人もいます。

 

 

着物

 

初節句には、着物を用意して

あげなくてはいけません

 

 

やはり1度しか着ないという事も

あって、中にはレンタルを利用する方も

います。

 

 

レンタルの場合は、1万ほどで

利用ができます。

 

 

でも、購入をするとなると、1万では

済まないものなので、よく考えなくては

いけない部分です。

 

 

1度という事なら、レンタルで十分では

ないでしょうか。

 

 

元気にこれから育っていくようにと願って、

可愛い着物を着せてあげる親も多いと

思います。

 

 

着物も可愛いものが多く、つい

着せたくなってしまうものです。

コメントを残す

このページの先頭へ