ひな祭り ちらし寿司のレシピをご紹介!具材は?作り方は?


 

 

ひな祭りには、ちらし寿司は欠かせない

ものになっています。

 

でも、お雛さんになぜちらし寿司に

なったのでしょうか。

 

お雛さんには、縁起のいい食べ物を

出すようになっているそうです。

 

その中に、ちらし寿司があるのです。

 

他には、ひしもちやあられも同じように、

縁起がいい食べ物としてお雛さんに用意を

されるようになりました。

 

今では、キャラクターを使ったちらし寿司

人気となっています。

 

 

恵方巻きの材料

 

散らし寿司に、用意をする材料は、

 

・お米3合

・甘酢

・昆布

・干ししいたけ

・にんじん

・塩

・だし汁

・酒

・みりん

・砂糖

・しょうゆ

・えび

・錦糸卵

・白ゴマ

・生しゃけ【味付けあなご】

・えび

・れんこん

 

 

恵方巻きのつくり方

 

 

ちらし寿司の作り方は、

まず、ご飯を炊く時に昆布を入れて炊くと

出しが出ておいしくなります。

 

そして、ご飯が炊けたら、甘酢、砂糖を

入れたらしゃもじで、切るようにまぜてください。

 

その後、冷めたら具を入れていきます

 

えび、ニンジンは先にゆでて

おいてください。

 

干ししいたけは、甘辛く醤油と砂糖と

みりんで味をつけておくとよりおいしく

ちらし寿司が頂けます。

 

ニンジン、干ししいたけ、えび、

錦糸卵、ごま、生しゃけです。

 

中の具は、好みにもよります。

 

ちくわ、グリンピース、こんにゃくなど

好みに合わせて入れてみてください。

 

甘く煮た豆を入れていくのも

おいしいものです。

 

豪華に仕上げたい場合は、いくらを

トッピングすると、色がより鮮やかに

なってきれいです。

 

そして、ちらし寿司にもぴったりと

合います。

 

 

 

パーティーの飾り付け

 

ひな祭りのパーティーをするのであれば、

やはり飾り付けも大事です。

 

飾り付けは、やはりお雛さんらしい

飾り付けがいいと思います。

 

折り紙を使って、桃の花やわっかを

作って家の中を、パティーらしく明るく

飾り付けるといいと思います。

 

飾り付けとしては、部屋だけでなく、

料理にもこだわるお母さんもいるのです。

 

コップを利用して、きれいなちらし寿司や

おかずの1品を作っているような人もいます。

 

コメントを残す

このページの先頭へ