子供と楽しむ恵方巻きのつくり方!簡単に作れる方法とコツをご紹介!


節分と言えば、やはり「豆まき」と、そして

「恵方巻き」ですが、やはり元気のためには

行事も大切ではありますが、基本的には

「食べること」がより重要ということで、

ここでは簡単にできる恵方巻きのレシピを

ご紹介したいと思います。

 

子供も節分を心待ちにしていますね。

各地の幼稚園では、恵方巻きを食べたり元気に

豆撒きをする姿が報道されています。

 

具材

 

かつて恵方巻きの具材は「7種類」と

決められていた時代もありますが、

しかし実際には2000年以降の恵方巻きは

おいしいこと」が重視されるように

なってきており、一般的な「太巻き」よりも

さらに海鮮の具材を豊富に取り入れた

レシピが数多く紹介されるようになった関係で、

どちらかと言えば、この新しいタイプの

恵方巻きのほうがポピュラーになってきたと

いえます。

 

たとえばマグロやサーモン、イクラ、卵など、

かなり具材の「お好み」のほうが

重視されてきている印象があります。

 

 

恵方巻きのつくり方

 

 

恵方巻きのつくり方に関しても、

特に難しいしきたりのようなものはなく、

ふつうの太巻きをつくるイメージで

つくっていただければ何ら問題は

ありません。

 

ただ、海鮮の具材を豊富に

取り入れるようになってきている

という意味では、通常の太巻きよりも

さらにボリューム感が強くなるため、

少しそのつくり方が難しくなるかも

しれません。

 

 

まとめ

 

今でこそ、「毎年2月3日」という

固定観念がありますが、そもそもは

「季節の変わり目」はすべて「節分」と

呼ばれていたようです。

 

ですから、単純計算すれば、節分は

年に4回あったとする説が有力です。

 

 

ちなみにその4回というのは、「立春」、

「立夏」、「立秋」、「立冬」

「前日」であったということで、

現在の節分も、だいたい立春の

前日にあたる「2月3日」に

なったということです。

 

現在でもそうですが、その昔も、やはり

「春」がもっとも重要な季節と

考えられていたこともあって、

現在では、節分は年1回、

「2月3日」だけになったという

説が有力のようです。

 

 

ということで、「恵方巻き」というと、

何か非常に「日本古来のレシピ」という

イメージが強かった時代も確かに

ありましたが、しかし、具材やつくり方、

そしてその食べ方も含め、近年では非常に

簡単な考え方になってきている

というのが恵方巻きの常識ということに

今後なっていきそうです。

コメントを残す

このページの先頭へ